FC2ブログ

WELL/木原音瀬

土曜は武道館ライブに馳せ参じる予定のあねこです。
日曜の飛行機が安いチケットにしたら夕方まで時間ができたので、池袋乙女ロードでも行ってこようかと思っています。
最後に行ったのが4年前ぐらいでさっぱり道を覚えていません……。
メイトとKブックスとだらけがあるんでしたっけ?
求ム!効率よい回り方指南!

そしてヘビーでイタイと噂の木原作品を入手しました…。

WELL/木原音瀬/ホリーノベルズ
お気に入り指数 ★★☆☆☆

【紹介文】
ある日すべての建物が突然崩壊し、多くの人間や動物が死んだ。地上は灼熱の太陽と白い砂漠だけになった。地下にいて助かった幼馴染みの亮介としのぶは、食べ物がなく酷い空腹に苦しんでいた。このままでは餓えて死んでしまうと焦る亮介に、「亮ちゃんが一緒ならいい」と言うしのぶ。亮介は苛立つが怪我をした身では動けなくて…。―突如生と死に直面した高校生二人の、切ない愛の物語。



BLでなければならない必然性が見当たらなかった。というのが第一印象。
だが一般小説の土俵で考えると、サイコホラーとしても心理劇としても甘過ぎる。
うーん、どこか箱庭の中の疑似世界を外からのぞいているという感じがして、終始物語の中に入り込めませんでした。

「WELL」「HOPE」の2本収録で、前者は紹介文にある幼なじみの亮介としのぶがメイン。後者は同設定で、WELLに出て来た田村がメイン。
舞台となるのは、ある日突然地表のあらゆるものが崩壊し、白い砂漠となった世界。
地下にいて助かった人々はコミュニティを作り、何とか生きながらえている。

「WELL」では、自宅地下で生き延びた亮介としのぶの二人の関係が描かれる。
自分の身に起きた絶望的な出来事が認められずにいる亮介に、しのぶは盲目的に従う。
暴徒に地下室を追い出された二人は、駅地下の田村率いるコミュニティに加わるが、そこでは怪我をして動けないイコール役に立たない亮介と、義務労働をこなし役に立つしのぶの立場が逆転。しのぶが自分に従い寄り添うのは、主への忠心ではなく、性的欲望を孕んだ感情だと知った亮介は、しのぶを拒絶する。しかし生きる術を持たない亮介は、自分の生のためしのぶに抱かれる。
主従逆転、極限状態で明らかになる心理、拒絶しながらも必要な存在などに加え、幼なじみというオイシイ設定まで用意されているんですが、萌えない。
ないがしろにされてもワンコのように亮介を慕うしのぶの健気さとか、虚勢を張ってでも主でいようとする亮介の痛々しさとか、結構好きなんですが。
あ、亮介のキャラに、FRAGILの大河内が重なったな…。
オチも結局「で、どうなの?」というところで終わってしまったので、なんだか不完全燃焼だあ~!

そして「HOPE」。
WELLにも増して、どこで萌えればよいのかわからない萌えラビリンス。
BLである意味が私にはわからない。
もちろんWELLあってこそのHOPEなんだろうなあとは感じるけれども。
こちらはWELLで二人が逃げ込んだ駅地下コミュニティのリーダー田村を中心に描かれる。
食料の乏しい駅地下コミュは、食料豊富なデパ地下コミュに合流することとなった。
移り住んだはいいが、デパ地下コミュ民たちからは酷い仕打ちを受ける。
駅地下側の人間の事故死を発端に、デパ地下コミュの代表者たちに疑問を持ち始めた田村だが、結局代表者たちに捕まり、凌辱を繰り返される。
凌辱好きなほうなんですが、この凌辱はどうもいただけない。
「極限下で人間同士が欲を剥き出しにして争う」という流れが、ここで突然ぶった切られてしまったような印象。
もういっそBL的部分は入れず、BLではなくしたほうが良かったのでは?
(↑という感想を木原作品で抱くことが多いなあ)
唯々諾々と監禁凌辱される田村の心理も理解できんし、人道にもとる行為をせざるを得なくなった人々の葛藤も薄いので、どうも現実感が薄かった。
凄惨なシーンもあるけども、それを入れて読者に何を伝えたかったかというところが、BLだったりホラー風だったりと散漫な中ではしっかり伝え切れていない気がする。
唯一の救いというかBLがほのかに香ったのは、WELLでも出て来た亮介がしのぶをかけがえのない存在の思い始めてるのかも?と見える態度かな。

BLとして読むとどうにもならん感じですが、極限下の群像心理劇として読めば、この設定は結構面白いと思う。だがそれならもっと徹底的にホラーチックスプラッタチックじゃないと価値がないと思う。
どっちつかず、中途半端でした。

どへー辛口ですんません。
やっぱり最後まで読んでもBLの必然性を見いだせませんでした。とほー。

comments

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

あねこ

Author:あねこ
しばらくぶりにBLにハマりました。

■好物:年下攻、オヤジ受、ヘタレ攻、ツンデレ受、漢攻×漢受、襲い受、軍服、江戸~明治~大正
■BLダメツボ:ロリショタ受(攻めは大好き)、乙女受

★トンチキ企画参加してます!
20081121_630732.jpg

ただいま「素股」が登場するBLの情報を絶賛募集中!!!
◆随時更新の素股BLリストはこちら→

◆評価が★4~5作品まとめページはこちら→

コメント、ツッコミ、トラックバックはお気軽にどうぞ~!

*BL系サイトまたはブログであればリンクフリー
suejirou91★yahoo.co.jp(★→@)

最近の記事
カテゴリー(敬称略)
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
BL×B.L.People
★★★