FC2ブログ

薔薇色の人生/木原音瀬

金曜は映画を観たあとに野球観戦というハードな一日でした。
野球は勝ったど~~~~~~!いい試合でした。
映画は「クライマーズ・ハイ」。名脇役満載豪華キャスト、な地味映画です 笑
なにしろオナゴが超少ない。画面に華がありません。
が、新聞社の傲慢変態社長×おもねらないはぐれ純情派新聞記者な匂いがぷんぷんして、脳内でさまざまな妄想が……原作はこんなに隠れホモじゃなかったぞ~~~~!
BL版クライマーズ・ハイを、ぜひ英田さんか榎田さんに書いていただきたい。

そして木原さんの最新刊。い、いたくないぞ!!!!!!

薔薇色の人生/木原音瀬/B-BOY NOVELS
お気に入り指数 ★★★★★

【紹介文】
愚かな生き方のせいで、家も家族もなくしてしまった百田。生きていても仕方がないと自棄になりかけた時、警官に制止される。その警官・浜渦に「抱かせろ」と無理難題をふっかけるが、彼はすべてをなげうち百田を救ってくれ…。


正確には、モモがロンちゃんをモノにするまでの過程がイタイです。
というかモモがあまりに社会的駄目人間すぎてロクデナシです。かっこいいほうのロクデナシじゃなく、ハシにも棒にもかからないほうの、チンピラくずれです。
が、ロンちゃんの側にいたい、側にいてほしいという一心でカタギを誓うモモが、とてもかわいい。木原さんにありがちな「とんでもないロクデナシなダメ男が、やっぱり最後までダメ男でした」ではなくて、まともになってるよ~~~~~~~!
読後感が悪いから何とかダメ男にいい所を探そうとかしなくても、途中から応援したくなるよ~~~~~~!

そしてそしてロンちゃんがまた!!!!!!!
実は、不細工特集に掲載されたロンちゃん視点の「年上の恋人」を雑誌で先に読んでいたのです。その時は何だかわからんことがいっぱいだぞ???と思っておりました。
が、今回あらためて薔薇色→年上と読み進めてみると、必死なモモに惹かれていくロンちゃんの心の流れが見えて、か、かわいいいい!

ちっぽけだけど大切な幸せを守りたいとあがくモモと、まっとうすぎるほどまっすぐなロンちゃん。モモが足りない頭で考えて実行したことが裏目に出たり、なかなか思いが通じなかったりでもどかしい二人ですが、木原作品にも関わらず、この先には必ずやまごうことなき幸せな結末が待っているのだと信じられました。

脅して性的関係を迫る、というのはよくあるパターンですが、ロンちゃんに悲壮感がないことと、モモがあまりに愚直でバカで純粋にロンちゃんを求めているので「支配」感がなくて好ましい。(支配モノも好きですけどね!)

プロポーズにはぐっときました。
好きだと言われてもそれが永遠に続くものじゃないと、ロンちゃんの気持ちを信じきれないモモも、あんなふうに告白されたら信じるしかないっしょ!

自分に対する褒め言葉や愛情をまったく信じない卑屈なモモに、おお振りのミハシくんを連想したのは私だけ?お前はいい投手だって言ってるじゃねえか~~~!とアベくんになって怒鳴りたい。それでもミヘベ。
何の話だ。戻りましょう。

書き下ろしも大変楽しくて、ロンちゃんの生真面目ゆえのおもしろさがあって良かったなあ~。モモはあとで叱られるだろうなあ。

全編にわたり、心底人間性の醜いキャラがいなかったのも勝因かと。
木原さんの、人間の醜さをこれでもかと見せつけられ、心を切り刻まれるような話も大好きなのですが、本作のような読後感の良い作品はやはりほっとする。疲れていても読める木原作品ナンバーワンです。

comments

自分に「イヤな奴萌え」の素質があることに気づかせてくれた、記念すべきお話です…(モモは「イヤな奴」というよりは「ダメな奴」ですが)。
雑誌で読んだクチなのですが、前後編の前編だけ読んだ段階では絶対バッドエンドだと思ったね(笑)!
後編までが長かったので(ビブロスが倒産したから)、余計にあのエンドが嬉しかった。
モモの半生を追った部分はほんとに痛くて、さすが木原さん…って思ったよ…。

当然のようにノベルスも買いましたけど、まだ読んでません。
忙しい日常の合間に読むんじゃなくて、気持ちに余裕のあるときにどっぷりつかって読みたいのだ!
書き下ろしはそれまでお預けだw

あねこさん こんばんは
暑いですね~ 流石にクーラーの出番の季節になりました。

この「薔薇色の人生」やっぱり木原先生だけあって容赦ない転落人生ですけれど、
ロンちゃんと出会ってからのほのぼの人生が読んでいて幸せになれるところが大好きです。
最後の甚呉刑事の終わり方も爆笑でしたしね(笑)

>全編にわたり、心底人間性の醜いキャラがいなかったのも勝因かと。

そうですね~ やっぱり読後感爽やかになるにはこうじゃないと(笑)

勝手ながらTBさせていただきました。よろしくお願いします。

>くろみみっこ

おおーイヤな奴萌えの原点がここに!
前半だけ読んだら確かにモモはイヤな奴だなあ。
でも従来の木原作品のイヤな奴たちとはどこか違う、とても人間的な素晴らしさがあるモモですな。
早くどっぷり浸かって読むとよろしいよ~~~!


>摩緒さんどうも~

暑いですね~といっても本州に比べたら北海道はきっと天国でしょうが。

>容赦ない転落人生ですけれど、
ロンちゃんと出会ってからのほのぼの人生が読んでいて幸せになれるところが大好きです
ですです!
容赦のない転落のあとに、一本の蜘蛛の糸(ロンちゃん)が!
幸せって小さくてもどんな形でもいいんだなあ~と実感させられました。

TBありがとうございます~~~

あねこさん、こんばんは!

本当にこの作品は読後感が良かったですね!

百田がロンちゃんをモノにするまでは痛いですが、百田のろくでなし振りとロンちゃんの生真面目さには、血の通った人間くささが溢れていました。迷い道をしながらも、一生懸命に生きている二人が愛しかったです。

読後にここまで爽快な気分になった木原作品は初めてですよ。(笑)

ではでは、TBさせてくださいね!

ハスイさん、こんばんは~

>一生懸命に生きている二人が愛しかったです。

ほんっとに!
この二人は、対照的で同類という感じで、モモは汚れ切ったからこそ生まれた純粋さ、ロンちゃんは穢れることのない純粋さを持って、必死に寄り添っているような気がします。
たしかに、木原作品イチの爽快感ですよね~。

のちほど必殺TR返しいたします~!

あねこさん、こにゃにゃちわー!
猛暑、いや激暑に見も心もグダグダな森ですー。いやあ、あっちぃ~!!
この作品、発売と同時に買ってそらもう何度も何度も再読してます。もうほとんど病的に(笑。 余りに感銘を受けすぎて、なかなかレビュが書けなかったのですが、ようやく書きました。でもこれだけ期間空けたのに、すっごい暑苦しいレビュに涙チョチョギレ…orzまだまだ精進が足りん今日この頃ですが、TBをゲットさせていただきマッスル。
嗚呼、なんだか暑すぎて若干壊れ気味のコメントでごめんなさーい。
でもモモのように全身全霊で愛してくれる人と巡りあえたら、死んでもいいって思えるだろうなあと本気でロンちゃんが羨ましくなったよー。

森さん、こにゃにゃちわー!(なつかしいな)

暑いですか。暑そうですね。
お盆は東京なのですが今から暑さが心配です。
そして北海道は涼しいです~
今年は33度以上にならないです~~~

>発売と同時に買ってそらもう何度も何度も再読してます

あーわかりますわかります!
なんかこう、モモ視点で読んで、ロンちゃん視点で読んで、んでまたモモ視点から読み返したくなって…のエンドレス。
TBありがとうごじゃりました~!
後日TB返しに参ります~~~!

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

薔薇色の人生 / 木原音瀬

薔薇色の人生 (B-BOY NOVELS)(2008/07/18)木原 音瀬商品詳細を見る 何度読み返したことかっ!こんなに切なくも熱い無償の愛のカタチを、木原流に弱く...

薔薇色の人生

薔薇色の人生 (2008/07/18)木原 音瀬商品詳細を見る 【あらすじ】 愚かな生き方のせいで、家も家族もなくしてしまった百田。生きていても仕方...

薔薇色の人生  木原音瀬  BBN  2008.07  ★★★★★

あらすじ 愚かな生き方のせいで、家も家族もなくしてしまった百田。 生きていても仕方がないと自棄にになりかけた時、偶然通りかかった...
プロフィール

あねこ

Author:あねこ
しばらくぶりにBLにハマりました。

■好物:年下攻、オヤジ受、ヘタレ攻、ツンデレ受、漢攻×漢受、襲い受、軍服、江戸~明治~大正
■BLダメツボ:ロリショタ受(攻めは大好き)、乙女受

★トンチキ企画参加してます!
20081121_630732.jpg

ただいま「素股」が登場するBLの情報を絶賛募集中!!!
◆随時更新の素股BLリストはこちら→

◆評価が★4~5作品まとめページはこちら→

コメント、ツッコミ、トラックバックはお気軽にどうぞ~!

*BL系サイトまたはブログであればリンクフリー
suejirou91★yahoo.co.jp(★→@)

最近の記事
カテゴリー(敬称略)
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
BL×B.L.People
★★★