FC2ブログ

花がふってくる/崎谷はるひ

3ケ月ぶりに髪を切って「今度はバカでもブローできるスタイリングだから!」と念を押されたあねこです。
この前変えた髪型が、どうしても自分のブローでは再現できず、限りなくダメ長髪なキムタクになるので「今度はお手入れ不要の髪型で!」とお願いしたのでした……おまえほんとに女か!?

さて、はるひんは3~4冊しか読んでいませんが、本作が一番好きです。
こんな作風もあるのかと驚きました。

花がふってくる/崎谷はるひ/DARIA BUNKO
お気に入り指数 ★★★☆☆

【紹介文】
大学助手の蓮実秋祐は、いとこの袴田涼嗣と同居している。同い年のくせに、際限なく甘やかしてくる涼嗣に、秋祐は密かに恋をしていた。近すぎる距離があたり前になっていた二人だったが、涼嗣が恋人・理名との結婚を決めたことから事態は大きく動き始める。秋祐は涼嗣への想いにピリオドを打ち、離れる決心をするが―。


はるひん、やればできる子だった!(失礼千万)

お前何様だというコメントで始まりましたすみません。
でもぶっちゃけ、今まで読んだ3~4冊とは全く異なる叙情的かつ深みのあるしっとりとした作風にやられました。
「はるひんのエロはクセになるよ」と某様から伺っていて、数冊読んでみたのですが、どうもそのエロシーンの「は行大活用」な喘ぎ声に撃沈。む、むり!
ドラマ性もあり、読ませる文章力はある方だと思いつつ、ソリが合わないなあということで敬遠しておりました。
が、
本作を読んで評価がだいぶ変わりました。

崎谷さんお得意とするところの「保護者攻」×「非保護者受」ではありますが、今回の攻・涼嗣は、非保護者な受・秋祐を守ることが、どういうことかを自覚しておらず、今市子さんの挿絵がなければうっかりヒールで踏みそうな男です。
秋祐は俺が面倒みてやらなけらば、という無自覚な独占欲に、読んでいるほうは「早く気づけよおめー!」と思っている間に、なんと女と結婚を決める涼嗣。
しかも「結婚しない理由がないから」という理由で結婚するような男です。
アホかおまえ~~~~~~~!と本に向かって怒鳴っていた矢先、ようやく自分が結婚するということは、秋祐を手放さなければならないと気づく。アホだ。超弩級のアホだ。

対する受の秋祐もまあ、自宅にミニビオトープを作って虫を愛でるかと思えば、涼嗣への長年の秘めたる恋から目を背けるためにセフレを作ってみたりと、ネクラで屈折。

でもなんか、もうどうしようもなく鈍感というか天然で許されない鈍感さの涼嗣も、卑屈なくせに我が儘な秋祐も、その双方のベクトルの異なる不器用さにキュンとするんだなあ。

いつも側に秋祐がいて、手間をかけさせられて、という「今」が永遠に続くと思っていた涼嗣の鈍感さというか無神経さというか、お子様加減というか、ある意味天然モラトリアムな心情も、わからなくはない。いくら強固に繋がった絆でも、年月や自分を取り巻く環境の変化で、すぐに断ち切られるんだってことに気づけなかったんだね涼嗣は。「側にいるのが当然」ということすら自覚していなかったのだろうねえ。
なんか涼嗣は悪気はないけど人を傷付けるタイプだなあ。秋祐の存在を認められなかった過去の彼女たちもちょっと可哀想だ。
しかし、BL的にはそれでヨシ。(お前…)

自分の気持を自覚したら行動が素早い涼嗣め……。
男は初めてなのに達者なのもにくいわ~~~。
でも秋祐報われてよかったよかった。

後日談となる「夏花の歌」は、二人揃って帰省する話。
こちらでは、旧家の次男である涼嗣の立場をあらためて実感した秋祐がぐらぐらしてます。
本当ならふさわしい相手を娶って家庭を築くはずなのに、自分とこうなってしまったのは間違いじゃないのか、と悩む秋祐ですが、まあ当の涼嗣が腹くくってしまっているので、揺れる木の葉も手のひらの中、です。
本編では、涼嗣の実家のお手伝いさんがとてもいい存在感です。
別れのシーンの秋祐とのやりとりは心に残りますね~。

いや~余韻の残る素敵な作品でした。
いつものちょっとアーバンダーティーで喘ぎ満載BLも崎谷さんの魅力だと思いますが、こういう叙情系でしっとりとした質感の作品も、また書いていってほしいですなあ。切に願います。



comments

あねこさーん、こんにちはー!
まさに私もこの作品ではるひん本の認識を改めてしまった一人なのですら。正直、○カワさんちのル○ーちゃんたちのはるひん本しか知らなかったので、ちょっと食傷気味だったんですよ。でも今市子先生のイラストだし、と余り期待もせずに買ったので、読了後思わず崎谷先生ごめんなさいと呟いてしまったもん(笑。

 >いや~余韻の残る素敵な作品でした
うんうん。私もそう思いました!こういった作品ならもっと読んでみたいなー。

TBゲットさせてもらいまーす^^

森さん、こばはー!

>まさに私もこの作品ではるひん本の認識を改めてしまった一人なのですら。

ですよねーーー!
まさにカド○さんちの○ビーちゃんは…食傷。
こんな作風もあったんですねはるひん。

TBありがとうです。こちらからも後日~~

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

花がふってくる / 崎谷はるひ

この記事を読んでなんとなく納得したのは、私だけじゃないと思うよ。  元恋人の携帯番号、女性より男性の方が「消去できない」   (2008...
プロフィール

あねこ

Author:あねこ
しばらくぶりにBLにハマりました。

■好物:年下攻、オヤジ受、ヘタレ攻、ツンデレ受、漢攻×漢受、襲い受、軍服、江戸~明治~大正
■BLダメツボ:ロリショタ受(攻めは大好き)、乙女受

★トンチキ企画参加してます!
20081121_630732.jpg

ただいま「素股」が登場するBLの情報を絶賛募集中!!!
◆随時更新の素股BLリストはこちら→

◆評価が★4~5作品まとめページはこちら→

コメント、ツッコミ、トラックバックはお気軽にどうぞ~!

*BL系サイトまたはブログであればリンクフリー
suejirou91★yahoo.co.jp(★→@)

最近の記事
カテゴリー(敬称略)
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
BL×B.L.People
★★★