FC2ブログ

秘書とシュレディンガーの猫/榎田尤利

珍しく読んですぐ感想を書く気まんまんのあねこです。
やらねばいけないことが山積みなのですが、そういう時にこそ!

私の中で、ライトさとシリアスさとコメディのバランス感覚が最も優れた作家、という位置づけの榎田さん。今回もほどよい仕上がりでした。PetLoversシリーズの第3弾です。

秘書とシュレディンガーの猫/榎田尤利/シャイノベルズ
お気に入り指数 ★★★★☆

【紹介文】
シュレディンガーを正しく指摘したひとりに全財産を相続させる―亡き祖父の遺言を聞くため古い屋敷を訪ねた舘を待っていたのは、風変わりな猫探しの遺言と初めて会う従兄弟、それに祖父の美しい個人秘書、雨宮だった。金と権力を信じる舘は、遺言の内容にうんざりしながらも屋敷に滞在することを決める。一方、雨宮は初めて会ったときから、舘のことが嫌いだった。それなのに、舘の挑発に乗ってしまい…!?甘くてほろ苦い大人の恋。


重くもなく軽すぎもなく、今読みたいなあと思ったドンピシャのバランスでした。
本を読む時って、気分によって合うものと合わないものがあるのでね。
タイミングよく「今読みたいもの」に当たりました。

PetLovers3作目。犬→ライオンときて、今回は猫!
犬がマニアック、ライオンが割と凡庸な出来だったのですが、今回は未亡人系ツンツン美人猫と、偽悪的なホントはイイ人攻で、ものすごく楽しめました。
ドーン!と衝撃的な作品ではないけれど、適度に起伏もあって、かわいい猫たちもたくさん出演したせいか、どこかほんわかじんわりハートフルな印象の作品です。

9億の遺産をめぐって、遺産相続候補3人の孫に課せられたのは「シュレディンガーの猫探し」。
立会人兼監視役の秘書は未亡人系美人。
とくれば、何となく淫らデンジャラス展開を予想しますが、ドタバタコメディータッチも少し加わり、根っからの悪人も出てこないので平和です。

遺産相続人候補のひとり、館は、「力を得るために金が欲しい」と言い、おそらくシュレディンガーを知っているであろう雨宮を金で買収しようとするも失敗。何かと突っかかり合う。
女を呼んでお楽しみなところを邪魔され、「お前のせいだ」と言いがかりをつける館ですが、なんとここで雨宮襲い受!
展開としては急な感じもしますが、自ら挑発的に乗っかる雨宮に萌え!
ほんと、どんだけ襲い受が好きなんだ私は。

すったもんだの遺産相続騒動と共に、雨宮や館の生い立ちや過去も明らかになり、シリアスとどたばたがバランスよく進んでいきます。
そして、名脇役の猫たちがもうほんとにかわいい!
榎田さんの猫好きがあらわれています。
猫以外の脇役たちも皆根はいい人。毒がないところに物足りなさを感じる人もいるかもしれませんが、私はこのすったもんだは起こるけれどもギスギスしない、角の丸い金平糖みたいな雰囲気、好きですね。

さてシュレディンガーの正体は?
まあおおよそ途中で予測がつくと思います。
でも読み手は予測できても、館やほかの相続候補たちは猫を追いかけ右往左往するのでおもしろいです。
シュレディンガーの正体を見つけるために、亡くなった主人の日記をみんなで解読していくのですが、こうした亡き人の思いの中に見え隠れする情やさみしさがまたいいですね。
愛に恵まれなかった過去を持つ雨宮と、生涯人を信じることのなかった孤独な主。
孤独な魂ゆえに引き寄せられた二人が、片方の死により、もう一方が取り残される。
そういう構図が切なかったです。
孤独を抱えて、でも生きなければならなかった雨宮が、生きるために,力を得るためにエネルギッシュに生きる館と出会ったのは、ほんと幸せだ。
日記でしか明かされることのなかった主の心情もじんときます。

シュレディンガーの正体を突き止めるという謎解き部分と、雨宮と館が反発し合いながらも互いに惹かれていく恋愛の部分がうまいぐあいに絡み合ってます。
通常のBLではあまりはっきりと語られることの少ない、攻がどこで受にオチたか、というのが明確で、そこのシーンがまた印象深くて好き~。

そして、館がシュレディンガーを突き止めて、雨宮ともくっついてめでたし、になるかと思ったら案外土壇場展開もあったりして飽きさせないなあ~と感心。
このへんの緻密さがやっぱり榎田さんの力だなあと。
ぶっちゃけ、同じ設定、同じストーリーで他の人も書ける話だと思います。
でも、この展開、そして細かな仕掛けや演出は榎田さんだからこそ、じゃないかな。
軽さと深み、両方をほどよく融合できるのがすごい。と思う。

本編で物足りなかったラブラブっぷりは、後日談でたっぷり補充。
まるっと一冊、榎田さんの計算通り!な仕上がりでした。
満足満足。
あまり重いのやどシリアスや、かといって凌辱エロエロとかアホすぎるのも読みたくないなあ~という時にオススメの一冊。
できれば膝に猫を抱いて読んでいただきたい。うちにはいないけど!

■追記
次は、本作にも脇で出てきた PetLoversのオーナーの一人が主役のよう。
犬、ライオン、猫ときたら次はなんだろう?狐?虎?
楽しみです。

comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

あねこ

Author:あねこ
しばらくぶりにBLにハマりました。

■好物:年下攻、オヤジ受、ヘタレ攻、ツンデレ受、漢攻×漢受、襲い受、軍服、江戸~明治~大正
■BLダメツボ:ロリショタ受(攻めは大好き)、乙女受

★トンチキ企画参加してます!
20081121_630732.jpg

ただいま「素股」が登場するBLの情報を絶賛募集中!!!
◆随時更新の素股BLリストはこちら→

◆評価が★4~5作品まとめページはこちら→

コメント、ツッコミ、トラックバックはお気軽にどうぞ~!

*BL系サイトまたはブログであればリンクフリー
suejirou91★yahoo.co.jp(★→@)

最近の記事
カテゴリー(敬称略)
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
BL×B.L.People
★★★