FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俎上の鯉は二度跳ねる/水城せとな

英田さんの新刊記事にはかつてないほどの拍手をいただき驚いているあねこです。
コメントをつけてくださった方も多く、皆さんのがっかり度が滲み出ていました。
拍手やご意見くださった方々、ありがとうございました。
あねこはこれからも本心に忠実な一刀両断感想でいきたいと思います。

そしてやっっっっっっと買って来れた水城せとなさんの新刊!
「窮鼠~」も書き下ろし目当てで買いました。
以下感想はやたら長いです。

俎上の鯉は二度跳ねる/水城せとな/フラワーコミックスアルファ
お気に入り指数 ★★★★★


やられた~~~!
水城さんの本領発揮というか、JUNE世代作家の底力というか。
何とも濃厚で繊細で泥臭くて狡猾な作品でしょう!
BL作家もレディコミ作家も妬まずにいられないような出来です。
泥沼な二人のドラマが萌えを凌駕して、これをBLとするのはちょっと違う感じもするのですが。現代風にしたJUNE? BLの皮を被ったJUNE?
いやレーベルは非BLなんだけど。BL棚に積んであったけど。
一種懐かしさのある葛藤とドロドロした恋愛のドラマでした。

「窮鼠はチーズの夢を見る」で、ゲイの後輩・今ヶ瀬に押し切られるようにして関係を持った流され侍・恭一。そのままどんぶらこと流されていくだけかと思いきや、今作では長きにわたる流され浪人を経て、今ケ瀬に向き合おうとします。

一見鞘におさまったかのような二人の関係は、恭一を慕う会社の後輩の女の子の登場で一気にその砂の城が崩れ、あれよという間に破局。
今ケ瀬「貴方じゃだめだ 貴方には俺じゃだめだし 俺にも貴方じゃだめです」
恭一「おまえが駄目だというなら駄目だろう」

そういう二人の向き合わない言葉で別れてしまう。
前作は恭一のダメっぷりが目につきましたが、今作は今ヶ瀬までもダメダメで、両思い確定なのにいつまでも幸せにならないという全員不幸せ無限ループに陥ります。

私は今ヶ瀬というキャラがかなり好きです。
まあ大好物のツンデレドS襲い受ですからね!
「窮鼠~」ではかなりそのドS度が高かった今ケ瀬ですが、今作では一度幸福を手に入れたことで弱くなっていますというか、防波堤決壊?
弱い心がダダ漏れです。
そしてものすごく悲観的でねじくれた粘着質ゲイなので、ドSモードと卑屈モードの振り幅が大きい。そのせいか今回とてつもなく可愛いげがあります。
普段は魔性のドSゲイみたいな今ヶ瀬が、恭一に優しい言葉(恭一にとってはなにげない)をかけられて、真っ赤になってるところがかわいい……!(誕生日を覚えてもらってたとことか、北京ダック食べたいと言うとことかワインもらってありがとうございますとか)
苦しんで来た今ヶ瀬にとって、些細な幸せがものすごく嬉しいんだろうなあ。

傍にいるだけでいいと思っていた今ヶ瀬ですが、体を重ね、共に過ごすうちにやっぱり欲が出てきちゃって相思相愛を夢見ます。
作中では恭一の中に黒恭一と白恭一とグレー恭一がいて心の葛藤をおもしろおかしく表現してますが、どうも今ヶ瀬の中にも黒今ヶ瀬と白今ヶ瀬がいるようですね。
今回はぐるぐる悩んで揺れまくって、やっぱり切羽詰まって恭一に縋っております。

そして恭一。
前作比5割増しでかっこいいよお前。でも駄目っぷりは相変わらずだよ。
というか前作が酷すぎたとも言うが。
今ヶ瀬といると楽だし愛されてるしと、そのまま流されて行くかと思ったら、がんばって踏ん張ります。挙げ句の果てには今ヶ瀬に腹をくくれと言うほどまでに。
どうあがいても自分は今ヶ瀬なしで生きられないと気づいてからの恭一は強いです。
とても流され浪人とは思えない。
立ち向かうべきことから、逃げて逃げて逃げて逃げて逃げまくった結果、もう逃げ場がないのだとやっと気づいたかな。

「俎上の鯉は二度跳ねる」というタイトルはまさにうまくこの話を表してるなあと思います。
鯉=恋であり、俎上とは恭一と今ヶ瀬それぞれが自分の性的嗜好の葛藤や、周囲との軋轢や、別れを憂う不安などもろもろを乗り越えて、互いを好きだという気持ちを認めて伝えて飲み込むための覚悟を決めなさいよ、とそういう「俎板の上の鯉」のような意味もあるのじゃないだろうか。で、「二度」というのは、前作でもすったもんだした挙げ句修羅場ったのに、また懲りずに修羅場っていることをさすのだろうな。

そして。
リバ万歳!
いいリバです!眼福眼福。
今ヶ瀬は元々タチネコどっちもイケるっぽいんですが、ノンケ相手にはやはり「能動的」なタチでということなのか、恭一を襲っておりましたね。
でも本当は愛されたい、という心が吐露されてとても切なくなりました。
今ヶ瀬と恭一との間に見られる相互関係(リバ)は、プレイとしてのリバというより、「愛し愛されることを肌身で感じるため」であるかのようです。
恭一のほうからは伸ばされない手を待っていた今ヶ瀬と、手を伸ばしたら抜け出せないと思っていた恭一。
まさに愛を貪り合うことで、互いの気持ちもさらけ出せるんじゃないかと思いました。
「窮鼠~」のエロでも思いましたが、今シリーズは受の気持ち良さよりも男でありつつ男を受け入れる物理的違和感や肉体的葛藤を言葉と絵でうまいこと表現するなあ。
恭一の乱暴な行為にときめいちゃう今ヶ瀬がもうほんと、どうしようもないな/笑
惜しむらくはこの二人で素股。素股が見たかったです水城先生~~~~!
今日は入れられるのヤダー!って暴れる恭一を力づくで素股ればいいよ今ヶ瀬!

あと、書き下ろし短編の今ヶ瀬の妄想がおかしすぎた!
自分がもし女だったら妄想なんですが、とても似合わないおさげ髪とか自分をよくわかっている故の子供への心配とか、もうほんと、その通りだよ!

今回は全体的に今ヶ瀬の弱い部分が吐露されていて、そこがまた切羽詰まった切なさでとてもよかった。
そして恭一がちゃんと仕事できる男でよかった。
これからも今ヶ瀬には手を焼きそうだけど、楽な幸せを自ら捨てて選んだ道なので頑張れ恭一。
と、エールをおくりたくなりました。

あと、前作に引き続いて女性陣が単なるお飾りじゃないところがリアルでよかったです。
つーかもうホント、覚醒恭一(今ヶ瀬愛してる!に目覚めた恭一)は、前作も今作も女性からしたら殺したくなる所業をしてるよな。

二冊続けて読んで、ものっそお腹いっぱい胸いっぱいです。
次は頭使わないアホアホでも読みたいなあ。

comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

あねこ

Author:あねこ
しばらくぶりにBLにハマりました。

■好物:年下攻、オヤジ受、ヘタレ攻、ツンデレ受、漢攻×漢受、襲い受、軍服、江戸~明治~大正
■BLダメツボ:ロリショタ受(攻めは大好き)、乙女受

★トンチキ企画参加してます!
20081121_630732.jpg

ただいま「素股」が登場するBLの情報を絶賛募集中!!!
◆随時更新の素股BLリストはこちら→

◆評価が★4~5作品まとめページはこちら→

コメント、ツッコミ、トラックバックはお気軽にどうぞ~!

*BL系サイトまたはブログであればリンクフリー
suejirou91★yahoo.co.jp(★→@)

最近の記事
カテゴリー(敬称略)
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
BL×B.L.People
★★★
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。