スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蛇淫の血/沙野風結子

目が覚めて薄暗かったのであれ、まだ明け方?と思ったら夕方でしたのダメ人間あねこです。

感想とか書くの苦手だったということを、1本書いて思い出しました。もう遅い。
毎日どんどこ本は読んでいるんですが、電車の中とかでのはや読み流し読みと、寝る前の記憶喪失的瞬間が多いので、感想を書くにはまた読み返さないといけない……読んだものを片っ端から忘れるこの鳥頭をなんとかしたい。

というわけで、もうこの際新旧関係なく、お気に入り作家のお気に入り作から順不同で行くことにします。そのためにエクセルで蔵書一覧表作って、初読み作とお気に入り作をチェックしたぞ~。
てなわけで今回はこれです。

蛇淫の血/沙野風結子/f-LAPIS文庫
お気に入り指数(最大5)=★★★★★

【あらすじ】
「お前は俺に与えられた玩具だ」凪斗を平穏な大学生活から引きずり出し、監禁した男は言い放った。その男・角能は、岐柳組組長の隠し子である凪斗が跡継ぎ候補になったこと、凪斗のボディガードを自分が務めることを告げてきた。だが、冷めた目、嬲るような扱いは、凪斗を護る者のものとは思えない。そして凪斗は催淫剤のせいで浅ましく角能を求めてしまう。弄ばれるたび、凪斗は屈しまいとしていた心が壊されていくのを感じる――。



ボディガード(32)×美大生兼ヤクザの四代目(20)

続けてヤクザものになってしまった……。好きなのでしょうがない。
さて、「蜘蛛の褥」とリンクする今作。こっちが先です。
まずは表紙に悶絶しました。奈良さんの絵がすごすぎです。
浴衣じゃなく白の一重。乱れてのぞく内股と半身が艶かしい。足袋履いたままもグッジョブ!
全裸に靴下とか大好きです。むしろ服がからまってたりすると悶えます。

本編にまいりましょう。
のっけから角能飛ばしてます。少し興味と期待を持って、護衛を任されて連れて来たヤクザの跡継ぎ候補が、期待はずれの小僧だったせいか、扱いは乱暴だし、セクハラし放題だし。
冒頭で角能に着衣のまま嬲られる凪斗のエロいこと。
でも実は序盤、凪斗があんまり好きじゃなかったんですよ。
角能に悪戯されたり、腹違いの兄に拉致られて薬仕込まれて嬲られたりとか、どんだけ男に手を出される男なんだオイオイなんて思ってしまいまして。
これが、トンデモ設定の登場人物オールホモなおバカBLならば気にならないところを(なぜってぶっとびモノはそれを楽しむものだから)、そうじゃないから気になるんだろうなあ……。
角能のセクハラも薬辰久の手下に味見されそうになるのも、エロいシーンそのものはものすごーく萌えなんですが、こう、なんか凪斗おまえ運命に翻弄される悲劇のヒロインじゃないんだから……と。
が、しかし。
薬の作用でぶっとんでエロくなってる凪斗と、それをラクにするという大義名分のもとにエロいことをする角能の濃厚なエロが、とんでもなくシビれた!
ああもうエロの力技に降参。
おまけに、凪斗の中に潜む岐柳の血の業とかがちらつき始めて、以後は行け角能、目覚めよ凪斗!
我ながらどうなのか。いやBLはそれが正しい愛で方だ。

刺青も反則だ。エロすぎる。なんかエロのことしか書いてませんね。いかんいかん。
凪斗の絵のこと、角能の過去、それぞれが自覚していく相手への思い。
そして岐柳の血が目覚めていく凪斗のようすが、うまい具合に刺青の完成に沿って描かれていてゾクゾクする。

物語もクライマックスを迎えて、いよいよ兄・辰久と凪斗の対決!
序盤では辰久に嬲られるばかりの非力さでしたが、岐柳覚醒な凪斗はひと味違うもんね。よってたかってナニされますが、へこたれないもんね。
私は、陵辱されたあとにすっくと立ち上がり、毅然としているような受が好きだ。
で、誰もが認めるであろう名シーン、兄をねじ伏せ父である組長に担架を切る凪斗。
ここでシビれるほどかっこいいのは、あの決め台詞でしょう。
凪斗が覚悟を決めて、角能を欲した瞬間。
これまで身の内に押さえつけ、絵を描くことでしか出せなかった激しい熱情を、妖しく浮かび上がらせた凪斗のぞくっとするエロさがたまりません。
そしてまた奈良さんの挿絵がものすごくシーンに合っていて万歳。
忌み嫌った血の呪縛を、怯えて除けようとするのではなくて、取り込んで昇華する。
古典芸能もののBL(というよりむしろ耽美小説)で見られる、芸を極めた受が見せる才能の発露に似たものを感じます。

まんまと凪斗に殺し文句で落とされた角能ですが、とっくに落ちてましたよな!
最後のエピローグのオチも効いていて、ドロドロしてる内容だけど読後がスッキリさわやか。
最後まで読むと、最初の頃の凪斗の脆弱さは、この最後の覚醒を引き立てるためなんだなあと気づきました。沙野さんは、働くかっこいい大人の男がうまい印象ですが、凪斗のような情念系(?)受もいいですなあ。エロじゃなくエロティシズムな感じで。

蛇足ですが、放尿羞恥プレイ(いや、その、他に言い方が)には目からウロコが落ちました。

comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

あねこ

Author:あねこ
しばらくぶりにBLにハマりました。

■好物:年下攻、オヤジ受、ヘタレ攻、ツンデレ受、漢攻×漢受、襲い受、軍服、江戸~明治~大正
■BLダメツボ:ロリショタ受(攻めは大好き)、乙女受

★トンチキ企画参加してます!
20081121_630732.jpg

ただいま「素股」が登場するBLの情報を絶賛募集中!!!
◆随時更新の素股BLリストはこちら→

◆評価が★4~5作品まとめページはこちら→

コメント、ツッコミ、トラックバックはお気軽にどうぞ~!

*BL系サイトまたはブログであればリンクフリー
suejirou91★yahoo.co.jp(★→@)

最近の記事
カテゴリー(敬称略)
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
BL×B.L.People
★★★
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。