FC2ブログ

リバを考えてみた・2

最近とみにリバものが読みたくなっているあねこです。

真夜中のついーとで何度か話題にのぼっている「リバ」についてちょっと考えをまとめてみました。

そもそもは「なぜリバ作品、特に小説は少ないのか?」というのが話題の発端じゃなかったかな?と記憶していますがそのへんは定かではない。

ちなみに、あねこ自身は、
二次ではカップリングによってリバ不可だけどリバCPはスルー上等。オリジナルではリバ歓迎!
なスタンスです。
みなさんの話を聞いていると、そういうスタンスがいなさそうなので、二次も含めて考えてみました。長いです。


私がリバについて感じる温度差がふたつあります。
二次とオリジナル。そして読み手と編集サイドです。

■二次とオリジナルの温度差

個人的な印象として、リバというものに対する好悪は、二次創作シーンとオリジナル創作シーンの読み手では温度差があるように感じています。

二次ですが。
記憶をさかのぼって15年ほど前、私がスラ●ダンク同人にはまっていた頃は、逆カプ同士の間にはマリアナ海溝より深い溝があり、リバは論外、というムードでした。
この頃はもう「逆カプありえない!」「リバありえない!」という、一種闘争といってもいい主義主張の押し付け合いがあったので、怖い時代だったなあ。
そんでもって現在。二次におけるリバは極少数派ではありますが、以前にくらべたらまだ読み手に容認されるようになっている印象です。「あーリバね。私は読まないし描かないけどいいんじゃない?」程度には。
現実として、二次ジャンルのサイトサーチではリバカップリングのカテゴリも作られるようになった。
でもまだまだリバ嫌い、ダメって人が多い。その根底には、二次の場合、まずなにがしかの原作をみて「この人は受!」とキャラの受攻認定する妄想し、それを基盤にしているからなのかなと思います。受攻を勝手に割り振るのは自分。だから自分が受認定したキャラが攻になったりすると「あれれ?」となる。自分の勝手なイメージとの齟齬に「これは違う」となってしまうんじゃなかろうか。というのが経験則からの推察です。

そしてオリジナルBL。
これは私のBLジャンル知識が途中10数年すっとんでいるのではっきりしたことは言えませんが、少なくともJUNE時代はリバという概念自体が存在していなかった気がします。
というか受け入れる土壌がまったくなかった印象です。
たとえば、アラブだったりSMだったりヤクザだったり花嫁だったり触手だったりふたなりだったり、そういう、冷静に考えたらありえねえ!と思うようなトンデモ要素を受け入れる土壌は、あったような気がするんですが、リバというのはそれらとは異なる次元だなと思います。
「リバありえねえ!」という拒絶が起こる以前の認識というか、この世にそんなものあることすら知らないレベル。え、人間って火を起こせるの?ぐらいな。

で、私の知識はここで現在に飛んでしまうわけですが。途中経過詳しい方はフォローお願いします。

今現在、私が感じるのは「読み手にリバ好きは意外と多い」です。
これは知り合いにリバ好きが多いからかもしれませんが、印象として。
積極的に「リバが好き!」じゃなくとも、「リバでもいいじゃーん」という人はけっこう多い気がします。
ただその反面「リバ受け付けない」「リバありえない!」「リバ許せない!」な方ももちろん多いのかもしれません。
個人的には、リバ容認派とリバ拒絶派が拮抗しているぐらいな感じ。
特に統計とったわけじゃないんで、そのへんの比率は根拠ありません。

まあ、リバが受け付けない、という人がいるのは当然だなと思います。
ただ現実的に今はリバの需要もかなりあるような気がするのです。

■読み手と編集サイドの温度差

ではなぜ商業BLにリバが少ないのか?
それを考えてぶち当たったのが、読み手と編集サイドのリバについての温度差です。

リバに関しては、読み手よりも業界のほうが認識が遅れているような気がします。
「リバは嫌う人が多い,リスクが大きい」と編集サイドが考えていそう。
あと、たとえば100人中80人がリバを好きか、まあアリじゃない?って思ってても、残りの20人が強烈に「ダメ!受け付けない!呪う!」みたいな拒絶反応を示すなら、リバはハイリスクだと判断しているような印象を受けます。
単に売り上げが低いとかじゃなく、編集部に拒絶反応がダイレクトに行ってるのかも、とも思います。たとえ少数でもそういう攻撃的拒否にあうと、編集部としてはチャレンジできないだろうし。

ちょっと話がずれますが、リバへの拒絶反応は、女性が持つ「浮気」への拒絶反応と少し似てるなと思うことがあります。
「私(受)がいいって言ったのに!」みたいな。
いや別に私は浮気容認派じゃありませんが。リバ拒絶には、道徳観とか倫理観、ジェンダー心理のようなものが絡むんじゃないかなと。そのへんは専門知識ないのでよくわかりません。lucindaさんに分析してもらいたい(勝手にお名前だしてすみません!)

また、もうひとつの見方として、属性設定に対する認識があるんじゃないかと考えます。
BLを読む時、読み手は最初に作者が提示した受、攻、という役割を脳にインプットします。
なにかの文章で読んだのですが、腐女子は受に感情移入もしくは受視点でそれをみることが多いと言われています。これは二次における「好きキャラは受!」という確率の高さや、BLでは基本的に受視点が推奨されるということが物語っているでしょう。
なので、最初に提示された受、攻設定で進んでいたものが、途中で逆転したら、感覚的に「私(受立場)を捨ててあっち(攻立場)に浮気だ!」みたいなとらえ方をする人もいるのかなあ、と思います。同じキャラなんですけどね。腐女子は受・攻属性も含めてキャラ、な傾向があると思うんで。
この点を考えると、漫画より小説にリバが少ないこともうなずける。
漫画でのリバは「プレイ」にすることで取り入れやすくはできるけれど、小説でのリバは属性の逆転を納得させなければいけない。そこに難しさがあるのかなと。

果たして↑がリバ嫌いの方の心理なのかどうかは明確にはわかりませんが(無責任!)、少なくとも、編集サイドがそんな感じで「リバ拒絶反応が多い・あるいは強い」と考えているのではないのかなあ。このリバ作品の少なさは。
読み手が感じる以上の拒絶を、編集サイドが抱いているような気がしてなりません。
けっこう周りにはリバ好きやリバ容認派が多いのになあ。
「リバ出して~」という声より「リバやめて~」の声のほうが強いのかなあ。
まあ人間は往々にして「否定」の声のほうをよりアピールしますからねえ。

実際のところは本当にわからないのであれですが、それこそ「このBL」あたりで1000人ぐらいにアンケート取ってくれないかなあ。BLブロガーさんたちに広く呼びかけてさあ。
個人でアンケート取っても、類友なのであてにならんからさあ。
あと編集サイドの意見をどっかで聞きたいなあ。あいにくそんな知り合いはいない。
「リバ描きたいんですが」って作家さんが言ったらどうするのかなあ。
謎がいっぱいです。知りたい!

結局おまえは何を言いたかったんだ?
えーと。

もっとリバ増えないかなあ。

まあ、そういうことです。欲望です。

上記はあくまでもあねこ個人の推察だったり意見だったりしますので、反論ある方も多いと思われます。明らかに違う!なことがありましたら、メールででもお知らせください。

comments

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

あねこ

Author:あねこ
しばらくぶりにBLにハマりました。

■好物:年下攻、オヤジ受、ヘタレ攻、ツンデレ受、漢攻×漢受、襲い受、軍服、江戸~明治~大正
■BLダメツボ:ロリショタ受(攻めは大好き)、乙女受

★トンチキ企画参加してます!
20081121_630732.jpg

ただいま「素股」が登場するBLの情報を絶賛募集中!!!
◆随時更新の素股BLリストはこちら→

◆評価が★4~5作品まとめページはこちら→

コメント、ツッコミ、トラックバックはお気軽にどうぞ~!

*BL系サイトまたはブログであればリンクフリー
suejirou91★yahoo.co.jp(★→@)

最近の記事
カテゴリー(敬称略)
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
BL×B.L.People
★★★